毎日同じような服のアラフォーはイタイ?服のワンパターン化がおしゃれ近道だった!

コーデ例

服をワンパターン化したほうが、おしゃれになりました!

 

大量に服をもってた頃は、クローゼットの前で何十分も悩んだにもかかわらず、
イマイチなコーデ↓ばかり。

 

でも服を減らし、『今の自分に似合う服』だけにした結果、

イマイチコーデがなくなったし、コーデに悩む時間が圧倒的に減りました!

 

 

なつ
なつ

わたしのような『センスがない人間』にとって、
私服の制服化は、メリットしかありません!

ワンパターン化って悪いことじゃないし、その人の中でのスタイルが出来あがっているってこと!

 

 

ただし毎日同じような服にするなら、前提に

『似合う服』を揃えること!

が大切です!

 

 

でないと、周りから

 

  • お金ないのかな…
  • 他の服ないのかな…
  • 毎日ダサいな…

 

と良からぬ推察をされてしまうから…。

 

 

服をワンパターンするときのコツをまとめました^^

 

なつ
なつ

なお先に『自分に似合う服の選び方』を知りたい方は、

こちら↓から読んでください^^

 

自分に合う服がわからない…が激変!『似合う服を選んでくれる』おすすめサービス!

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!
自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法をまとめました

 

 

毎日同じ服のアラフォーはイタイ?服のワンパターン化のメリット・デメリット

メリット

『似合ってる服』なら毎日同じようなコーデのほうが、自分も気分がいいし

『はずれコーデ』もしなくなります!

 

そもそも『毎日違う服のほうがおしゃれ!』と、思い込んでる原因って、

SNSや雑誌やテレビの影響です。

 

 

なつ
なつ

わたし昔、ファッション雑誌をよく買ってたんですよ。

 

そこによく『30日コーデ』みたいな特集があったんですよね。

 

その記憶がなんとなく残ってて、『おしゃれになるには毎日違うコーデをしたほうがいい!』って、意識の中に刷り込まれてたと思うんです…。

 

 

でも、よほど洋服に対して意識が高くないと、

けっきょく洗濯したものから着ていく…みたいな生活になりますよね^^;

 

 

なつ
なつ

しかもわたしの行動範囲って、仕事先とスーパーと子どものお迎えだけ

特別おしゃれして出かける場所って、そうないんですよね^^;

 

で、思ったんですよ。

毎日同じコーデでも、似合ってればよくない??って!

 

 

なつ
なつ

もちろん『イマイチの服』のローテーションなら、ダサい人になってしまいます。

 

 

でも『お気に入りの服』を2〜3パターン着回せば、

毎日『似合う服』が着られるし、コーデを考えなくて良くなります!

 

 

また手持ちの服が少ないと、衣替えも不要で管理がラク^^

 

なつ
なつ

傷んできてもすぐ把握できるので、入れ替えもスムーズにできるんです^^

 

 

【断捨離しすぎて服がないアラフォー】後悔して気づいた似合う服の選び方残し方

 

 

デメリット

一方で服をワンパターン化すると、『あの人、いつも同じ服着てるね…』みたいな、周りの反応が気になりますよね…。

 

なつ
なつ

でも、人って他人の服なんて見てません

だから同じような服を着てても、『この人、白いシャツが好きなのね〜』くらいにしか思いませんよ^^

 

それに2〜3パターン『制服化したい服』があれば、同じ服を着る回数は1週間に1〜2回。

 

なつ
なつ

毎日同じ服じゃないし、

きちんと洗濯してるから何も問題もありません^^

ただ、毛玉とかスレがあると、
『貧乏くさいイメージ』が相手の残ってしまうので、清潔感だけは注意してます^^;

 

 

なつ
なつ

ワンパターン化すると、どうしても洗濯回数が増えますからね…

 

生地の傷みを考えると『高頻度で着るのは、もったいない…』と思ってしまいますが、
1万円の服をそのシーズンに50回着たら、1回200円!

 

なつ
なつ

十分、もとはとったんじゃないでしょうか^^

 

それより『もったいなから…』と、3年も5年もクローゼットに閉じ込めておくほうが

もったいないですからね。

 

 

毎日同じ服の方がおしゃれアラフォーになれる!服のワンパターン化・制服化するときのポイント

ワンパターン化といっても、

 

★セットコーデをつくり、いつも同じ組み合わせで着る
★『シャツとデニム』みたいに、イメージとして固定化する

 

パターンがあります。

 

なつ
なつ

どっちを選ぶかは自由!

 

ワンパターン化って悪いことじゃないし、その人の中でのスタイルが出来あがっているってこと!

 

とくにアラフォーになると体型も崩れるし、肌のハリもなくなってきます。

 

わざわざ似合わないものを無理に着る必要はないし、同じ服でも似合ってるなら、

 

それが自分の定番でいいんです!

 

 

なつ
なつ

私服を制服化するときのポイントは、次の通りです^^

 

鉄板の2〜3コーデを決めて制服化する

まず

★春〜夏
★秋〜冬

の半年で、基本のコーディネートを2〜3パターン決め回転させます^^

 

なつ
なつ

ハンガーにセットでかけておけば、目をつむっても今日のコーデ完成!

 

この組み合わせに季節に応じてコートやストールなどを足し、寒さや暑さ対策ができるようにします。

 

あとは

 

  • 冠婚葬祭用
  • ちょっといい外着
  • カジュアル用

 

などを持っておけば、十分足りますよ^^

 

 

主役服を決める

たとえば、

 

  • 柄物のパンツ
  • ボーダーのトップス

 

みたいなコーデだと、視覚的に『うるさい』ですよね…。

 

 

なつ
なつ

そうじゃなく『主役になる服』を決めて、
それを引き立たせるようにコーデすると服がケンカしません^^

 

  • トップスが柄物なら、下はシンプルに
  • 黒いワンピースなら、ポイントで赤いバックを持つなど

 

主役を決めると、全体がまとまりやすくなりますよ^^

 

 

 

挑戦したこと無い色は小物でつかう

わたしベージュ系や黒が好きなので、気づけばクローゼットの中は同系色でいっぱいに…↓

 

 

 

なつ
なつ

赤や青など原色系も試したことがあるんですが、まぁ似合わなかったんです…

 

しかも、自分に合わない色って

 

  • 肌の色に合わない
  • くすんでみえる

 

など、老けて見える原因に。

 

なつ
なつ

なので、赤とか青を身につけたいな…と思ったら、
小物で足すようにしています^^

服がシンプルでも、バックや靴に色を取り入れると、
顔から遠いので失敗しにくいしアクセントにもなりますから♪

 

 

ワンパターン化する服ってどうやって見つけたらいいの?

洋服をワンパターン化したいけど、

 

『そもそも、自分に似合う服が分からない…』

『何を着たらおしゃれになるか分からない…』

 

って思いますよね。

 

そんなときは自分の骨格の特徴や似合う色を知るのがおすすめ!

 

なつ
なつ

わたし、タートルネックが好きでよく着てたんです。

 

でもわたしの場合、タートルネックを着るとバストトップが下がって見え↓、
間延びした印象になるため、シルエットがキレイじゃないんです…。

 

なつ
なつ

さらに、顔周りにもってくる色も大事!

 

わたしの場合、濃いピンク↓だと肌に馴染んで見えません…。

 

 

なつ
なつ

でも淡いピンク↓だと、一気に肌なじみが良くなります!

このように同じピンクでも、自分にとって似合う色味が違います。

 

この違いを分かっていれば、ワンパターン化コーデになっても、華やかでスタイルよく見せることができるんですよ^^

 

わたしも早速、似合うとされるカラーもの↓を買い足したら、
黒ばかり着てたときより褒められる回数が増えたし、顔周りも明るくなりました♪

 

 

また、オーバーサイズのトップス↓も、手首や足首を出してメリハリをつけることで、

 

とても綺麗に着こなせるようになったんです!

 

首元の形だけで、人によってこれだけ↓『似合う・似合わない』があるから

似合う服や色を知らないって、絶対に損ですよね^^;

 

 

なつ
なつ

『自分に似合う服を知る方法』はこちら↓にまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

自分に合う服がわからない…が激変!『似合う服を選んでくれる』おすすめサービス!

 

 

 

服のワンパターン化・いつも同じようなコーディネートでいいの?まとめ

無理して毎日違うコーデにするなら、服をパターン化し

似合う服だけ着たほうが、気分もいいし管理もラクになります^^

 

なつ
なつ

そもそも『毎日違うコーデじゃなきゃ、おしゃれじゃない!』って思い込み

毎日服で悩むなら、私服のワンパターン化おすすめですよ^^

 

 

 

なつ
なつ

『自分に似合う服を知る方法』は、こちら↓↓を参考にしてくださいね^^

▶▶自分に合う服がわからない…が激変!『似合う服を選んでくれる』おすすめサービス!

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!
自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法をまとめました

コメント