シャツインが似合わない…ウエストインするかしないか迷った時の基準はコレ!

コーデ例

ちょっと手を加えるだけで簡単に『こなれ感』が出せるシャツイン。

 

でも自分がすると『似合ってない気がする…』『なんか太って見える…』こと、ありますよね…。

 

これ、

 

  • インする幅や素材が間違っている
  • 自分の骨格に合ってない着こなしをしている

 

可能性があるんです。

 

 

なつ
なつ

自分に似合うシャツイン法を知るポイントを、写真いっぱいで説明します^^

 

 

 

ウエストインが似合わない人が見直すべきポイント

ウエストを強調しすぎている

たとえば

 

  • 上半身に厚みがある人
  • ぽっちゃりな人
  • お腹が気になる人

 

がシャツインすると、ウエストが強調されてどうしても太って見えてしまいます。

 

なので、全部インするのではなく一か所だけインする。

 

または、インするのではなく腰丈くらいのショートトップス↓と合わせると、

ウエストが悪目立ちせず着こなすことができますよ^^

 

 

 

ボトムスが間違ってる

 

なつ
なつ

普通シャツインすると、足が長くなるイメージがありますよね

 

でもわたしのように胴長で短足の場合、パンツスタイルでインすると

『わたしの足はココからですよー』と、逆に短足を強調させてしまいます(汗)

 

 

 

なのでスカートを選んでインすると、

腰の位置をぼかしながら、スタイルアップすることができるんですよ^^

 

 

素材が間違ってる

厚手やハリのある素材をインすると、もさっとして着太りして見えます。

 

 

なつ
なつ

インするなら薄手や柔らかい素材が○!

もし厚い素材をインする場合は、ゴムを使うのがおすすめです。

 

まず、長めのゴムをウエストにセットして、

 

 

ゴムの中にトップスの裾を入れたら完成です^^

 

ゴムでとめているので崩れにくいし、厚手のニットでも長さを調整できておすすめですよ♪

 

 

インする幅が広すぎる

うまくインできない人は『インする幅』を意識すると、同じ服でもグッと印象を変えることができます。

 

そのままインするとウエストが直線的になるので、のっぺりした印象になるし

パキッと上下の線で服が分かれるから、人の視線が集まりやすくスタイルよく見えないんですよね…。

 

なつ
なつ

そんなときは『立体的』に見せるのがポイント!

 

立体的にインするとウエストが見える面積を狭くすることができるので、細く見せることができるんです^^

 

立体的に見せるコツは、下2つのボタンをクロスさせて留めるだけなので簡単ですよ♪

 

 

シャツインでスタイルアップする人しない人

シャツインでスタイルアップする人としない人って、生まれ持った骨格タイプでも分かれます。

 

逆に言えば自分の骨格タイプに合った着こなしをすれば、気になる部分をカバーしながらスタイルアップできるようになるんです♪

 

 

下半身にボリュームがある人

わたしのように下半身に重心があり胴長の人の場合は、インしたほうが重心が上がってバランスがよくなります^^

 

 

なつ
なつ

ただピタッとインすると、上半身の寂しさを強調させてしまいます…

 

なので

 

  • フワッとインする
  • 装飾などボリュームがあるトップスを選ぶ

 

とスタイルアップしてみせることができますよ^^

 

おすすめシャツイン方法

シンプルなトップスの場合は、最初に適当にシャツを折り込んだら

 

裏から輪ゴムで重なっている部分をつまんで縛ります。

 

服を戻し、タックが入った部分を折り込んで形を整えたら完成です♪

 

 

この方法だと、シンプルなトップスも簡単に『こなれ感』が出せます♪

 

 

なつ
なつ

なおシャツの場合は、裾を結ぶ方法もあります^^

ただそのまま結ぶと、ほどけるし形も悪いのでこのアレンジ↓がおすすめです♪

 

まずシャツの下2つのボタンをあけて、裾の一方を下から3つ目と4つ目のボタンの間に通し

 

反対の裾は上からボタンの間に通します。

形を整えたら完成!

ほどけにくいし綺麗な結び目になるし、ウエスト位置が上がって脚長効果も期待できますよ♪

 

 

 

上半身にボリュームがある人

深田恭子さんのように、上半身にボリュームがある人は

 

  • きっちりインさせず少しゆるく外に出す
  • ボトムスはスカートよりワイドパンツやデニムと合わす

 

などを意識すると、スタイルアップした着こなしができます。

 

 

 

上半身にボリュームがある人って、下半身もフワッとしたスカートなどでボリュームが出ると、

全体が大きくなって太って見えてしまうんです^^;

 

なので上半身はあまりフワッとさせないようインすると、スタイル良く魅せることができるんですよ^^

 

 

おすすめシャツイン方法

ゆるくシャツインするには、まず全部インした状態でバンザイします。

 

腕を下ろして出てきたシャツを整えたら

 

いい感じのシャツイン完成です^^

 

肩幅がしっかりしている人

中村アンさんのように骨格がしっかりしている方の場合、

シャツインすることで肩の骨感が目立ってしまうことがあります。

 

 

なので

 

  • 前だけインする
  • シャツアウトする

 

ほうが腰骨や肩の骨が目立ちにくくなるしキレイに魅せることができます。

 

 

おすすめシャツイン方法

一か所だけインしたいときは、インしたい裾をクルクルねじって

 

 

ねじった生地の塊を輪ゴムでとめ、そのままインします。

 

形を整えたら完成です^^

普通にインするより動いても崩れにくいしキレイに着こなせますよ^^

 

 

このように、自分の体型の特徴を知っていると、

 

  • どのくらいシャツインすればいいか
  • どんなボトムスと合わせたらいいか

 

が分かるので、キレイに魅せることができるんです♪

 

 

\自分の体型タイプが簡単に分かる方法はこちら/

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!

 

 

シャツインが似合わない時の対処法まとめ

シャツインが似合うかどうかは、その人の生まれ持った骨格が大きく関係しています。

 

逆に自分の骨格タイプを知っていると、どんな素材の服でどれくらいシャツインすればいいか明確になるので、野暮ったい着こなしから抜け出すことができるんです^^

 

自分の骨格タイプを知っていると、スカートやボトムスなど

どんな服でも似合う着こなしが分かるようになるので、洋服迷子になっているならぜひ知ってみてくださいね♪

 

 

\自分の体型タイプが簡単に分かる方法はこちら/

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!

 

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!
自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法をまとめました

 

 

 

 

 

 

 

コメント