服を買っても満たされないアラフォー…買っても欲しくなる病を克服した5つの方法

洋服整理

服を買っても、心が満たされない…

 

せっかく買った服も

『これじゃなかった…ほかに似合う服があるはず…!』

と、目的のないウィンドウショッピングを繰り返してました。

 

 

当時のわたしは、服が欲しいから買うのではなく、

『気持ちを満たしたいがために、服を買っている』

まさにそんな状態でした。

 

なつ
なつ

わたし、外見にずっと自信がなかったんですよ

その自信のなさを服を買うことで、カモフラージュしようとしてたんです。

 

でもただ服を買うだけじゃ『気持ちの隙間』は埋めることができませんでした。

 

 

なつ
なつ

そんなわたしですが、今は、ほんとうに似合う服だけ買えるようになれたんです!

 

それは

 

自分の『長所』を活かす服を知ったから!

 

似合う服を着てきちんとメイクして、鏡の前に立つ。

 

なつ
なつ

そしたら、やっぱ心が嬉しいんですよ!

 

さらに『似合う服』を知ってからは、周りから服を褒められることも増え、
前のように服を衝動買いすることもなくなりました^^

 

 

外見が変わっていくと、気持ちまで変われます!

 

『服を買っても満たされない…』そんなモヤモヤから抜け出す方法をまとめました。

 

 

なつ
なつ

なお先に『似合う服』を知りたい方は、こちら↓から読んでくださいね^^

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!

 

 

 

服を買っても満たされない・服を買っても欲しくなる病から抜け出した方法

 

服をたくさん買っても幸せになれないと気づいた

『パンパンになったクローゼットは、わたしを満足させてくれない…』

 

そう気づいてから、服の買い方を見直せるようになりました。

 

 

なつ
なつ

そのキッカケになったのがこの本↓

 

この本の中に、着るものに迷ってる人は人生に迷ってるという一節があるんですけどね。

 

なつ
なつ

この言葉を読んだとき、ハッ!!っとしたんです

わたしが服を買ってた理由って、なんだかよく分からない不安をかき消したかったから!

 

そして服を買いたくなるのは、たいてい気持ちがザワザワしてるときだったんです。

 

このとき初めて、『あぁ〜わたし、不安から逃げたくて服を買ってたんだ…』って気づいたんです。

 

なつ
なつ

パンパンになったクローゼットが、わたしの不安そのものだったんです

 

安心を買っていたと気づいた

もともと美人じゃないわたし。

 

 

しかもアラフォーになり、肌や髪にハリがなくなってきたことで、余計何を着ていいか分からなくなっていました。

 

 

なつ
なつ

でもどこか自分の衰えた容姿を、受け入れられずにいたんです

そんな思いから『若者向けの服』を買って、老けた自分から目をそらそうとしてた時期もありました。

 

なつ
なつ

当時のわたしは服じゃなく、『一瞬の安心』を買ってたんだと思います

 

『モノを買う』って、その『モノ』より、気持ちとか気分とか『目に見えない、なにか』を買ってることがよくあります。

 

 

『わたしは何を満たすため、服を買ってるんだろ…』と考えるようになってから、

服を買う回数もコントロールできるようになりました。

 

 

人と自分の似合う服にはズレがあると気づいた

店員さんが着てて、おしゃれだった服。

 

なつ
なつ

でも同じものをわたしが着ても、まったく似合いませんでした

今まで『誰かの似合う服を買えば、おしゃれになれる!』と考え、

 

  • 店員さんが着てる服
  • インスタや雑誌
  • アプリ・ファッション関係の本

 

などいろいろ参考にしてきましたが、けっきょく似合う服は分からず…。

 

 

 

そんなとき

 

おしゃれだなと感じさせる人は、その人の体型に合った服を着ているもの。

似合う服というのはつまり、その人の短所を目立たなくしながら長所を引き立て、スタイルアップやイメージアップを叶えてくれるような服のことです。

賢いクローゼット [ 鈴木尚子 ]から引用)

 

という一説を読んで、『わたしは自分の長所を無視して服を買っていた…』と気づけたんです。

 

なつ
なつ

詳しく説明します

 

自分の体型を無視して服を買ってたと気づいた

たとえばわたしのような『上半身が薄い人』↓が『シンプルなトップス』を着ると貧相な印象に見えますよね。

 

 

なので、

 

  • 装飾のあるトップスを選ぶ
  • 帽子やカーディガンで重心を上にあげる
  • 首元はガバっとあきすぎないものを選ぶ

 

など、短所を目立たなくしながらコーデ↓すると、それだけでスタイルアップすることができます。

 

 

このように自分の体型の特徴を知れば、同じコーデ↓でも、ここまで印象を変えることができます!

 

 

 

なつ
なつ

この法則に気づいてから、服の選び方がガラッと分かったんです!

しかも似合う服を着ると、いつもより綺麗に見えるから気持ちが満たされる。

 

その結果、不要な服を買う回数も減らすことができたんです!

 

 

なつ
なつ

とはいえ『その似合う服が分からないから、苦労してるんだよ!』って思いますよね…

 

その悩みを解決するのが、賢いクローゼットの中で紹介されていた『骨格診断』という方法です!

 

 

人に頼っていいと気づいた

骨格って、

 

  • 筋肉
  • 脂肪

 

と違い、歳をとっても変わらないもの。

 

だから早く自分の骨格タイプを知っていると、わざわざ『似合わない服』を買うこともなくなるし、
服を買ったときの満足度も上がります!

 

なつ
なつ

せっかく買ったのに『これじゃなかった…』みたいながっかり感を、
なくすことができるんです

 

自分の骨格タイプを知るには、ネットや本で自己診断することができます。

 

 

なつ
なつ

が、わたしは自己診断はすすめません…

 

自己診断って『指の関節の大きさは?』などの質問に答えていくんですが、

そもそも比較するものがないから正解が分からないんですよね。

 

それに『自分のタイプ』を知っても、

『じゃあ、具体的にどうすればいいか』が、素人では分からないんです。

 

 

なつ
なつ

これじゃ意味がないですよね

 

だからわたしはプロに頼ることをおすすめしたいんです!

 

 

なつ
なつ

プロと言っても2,000円〜診断してもらえる方法があるので

試してみるといいですよ^^

 

どうすれば綺麗になるか個人的にアドバイスや資料をもらえるので、

一度覚えてしまえば、GUやユニクロで服を選ぶときも『似合う服・似合わない服』を見極めやすくなるんですよね。

 

 

同じ服でも、どうアレンジすれば似合うか分かるから、手持ちの服を生き返らせることもできるんです!

 

 

なつ
なつ

なおわたしが洋服迷子から抜け出した様子は、

こちら↓でまとめているので参考にしてみてくださいね^^

 

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!

 

 

 

服を買っても満たされないのはなぜ?まとめ

当時のわたしは、服が欲しいから買うのではなく、『気持ちを満たしたいがために、服を買っている』まさにそんな状態でした。

 

なつ
なつ

その状況を変えるには、自分の長所を活かす服を知ること!

 

服を買っても『なんとなく満たされない』なら、騙されたと思って『自分に合う服の選び方』を知ってみてほしいです!

 

 

不要な服を買う数千円を『知識』に投資すれば、この先の無駄な出費を抑えることができるんですから!

 

なつ
なつ

外見が変われば、気持ちって割と簡単に変えることができますよ^^

 

 

\わたしが似合う服を見つけた方法⇓はこちら!/

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!

 

自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法!
自分に合う服がわからない…ファッション迷子を脱出した方法をまとめました

 

 

コメント